北極星と船霊達/小説本 第七話 | 航空グッズ専門店あいふら

1/3

北極星と船霊達/小説本 第七話

¥440 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

千紗みかん先生のオリジナル小説本です。
船舶擬人化小説『北極星と船霊達』の第七話です。
A5/24p

▼本文サンプル
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=13281005

▼あらすじ
船霊(ふなだま)と呼ばれている、船の魂とも呼べる存在がある。彼女達の姿は人には見えないけれど、人知れず船と船に乗る人々を守ってきた。
自らの船体(からだ)が解体されるか、海底に沈むまでは。
ついに正体を表した幽霊船の船霊。それは戦争の終わりと共に人の手で沈められた病院船『第二氷川丸』だった。
飛鳥Ⅱの屋上デッキで、ステラと飛鳥を守るため、幽霊船と対峙する護衛艦『さみだれ』の船霊。
一方、横須賀では護衛艦の船霊達の思惑が交錯し、対立が生じつつあった。
歴史ある港町・横浜を舞台に繰り広げられる船舶擬人化ファンタジーストーリー『北極星と船霊達』緊迫の第七話が登場!

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (329)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥440 税込

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品
      おすすめ商品